月曜の憂鬱を乗り越える方法【サザエさん症候群】

未分類

こんにちは、男前です。

楽しい休日を過ごすと月曜が憂鬱になる…

そんな経験、誰もがあると思います。

 

「サザエさん症候群」とも呼ばれるこの現象について、先日自分がしている対策をツイートしました。

 

この方法について今日はシェアしていきたいと思います。

 

 

月曜日の憂鬱の原因

なぜ月曜日が憂鬱になるんでしょうか。

僕が思う原因は「平日と休日の落差が激しいこと」「見通しを持てていないこと」だと思います。

 

 

 

 

図のように平日はひたすら仕事、休日は遊んだり休んだりして過ごす方は多いと思います。メリハリがついていいのですが、日曜日の夜に憂鬱になるのは仕方ないと思います。仕事ばかりの5日間を過ごさなければならないのですからね…

 

 

また、見通しを持てていないことも大きな原因だと考えています。見通しが持てないと、人は誰でも不安になるものです。休日を過ごすことで、来週以降の予定が頭から抜け落ちてしまうと、取り戻すのに大きな力が必要になります。

 

憂鬱から抜け出すには、日曜の夜に仕事をしよう!

憂鬱から抜け出すために、自分がしているのは日曜の夜に仕事をすることです。

仕事といっても、来週以降の予定やタスクの確認、書類整理など時間のかからないことです。

 

先ほど、平日と休日の落差が激しいことが憂鬱の原因と言いましたが、日曜に仕事をすることで落差を少なくすることができると考えています。

 

また、予定やタスクの確認で見通しを持つこともできています。月曜日に職場へ着いてから「何すればいいんだっけ?」という状態を回避でき、就業開始から爆速で仕事を進めることができます。

 

まとめ 月曜の憂鬱をワクワクに変えよう

この方法を始めてから、月曜が憂鬱になるより、ワクワクしている自分に気づくことができました。

「仕事から逃げる」のではなく、「仕事を迎えにいく」ことで、前向きな気持ちになれているのかもしてません。

 

明日から使えるテクニック、ぜひお試しください。

それでは!