【人脈】行きたくない飲み会で得られるものはありません【成長】

生活

こんにちは、てちです。

同期や上司から飲み会に誘われることって多いですよね。

 

僕はお酒も話をしたり聞いたりするのも好きなので、飲み会自体は好きです。

が、得られるものがない飲み会は徹底的に断ります。

なぜ飲み会を徹底的に断るのか、解説していきたいと思います。

 

行きたくない飲み会とは?

ずばり言うと、自分にとって目的のない飲み会は断ります。

 

飲み会自体は何かしらの目的があって設定されますよね。

親睦会・お疲れ様会・ワインを楽しむ会などの名称がつけられ、飲み会の目的設定がされることが多いです。

 

では、自分自身は何のために飲み会に行くんでしょう?

誰かとの関係を深めるため?ワインを楽しむため?

何であれ、その問いに対して自分自身を納得させる目的があり、飲み会に参加するデメリットよりも重要ならば参加します。

 

それよりも行かない理由の方がある方がはるかに多いです。

どのような理由があるか解説します。

飲み会に行かない理由

1 時間のムダである

飲み会に行くと最低でも2〜3時間、場合によってはそれ以上拘束されるわけです。

3時間あれば何ができますか?

本を一冊読む、スタバで勉強、仕事、ブログ記事の執筆…

自分の価値を高め、レベルアップさせることができるわけです。

 

スキルアップすることで、将来の可能性は大きく広がります。

2 お金のムダである

飲み会に参加すると少なくとも4000円ほどは払います。

4000円あったら何ができますか?

本なら2冊以上、漫画なら8冊買えますね。

スタバでコーヒーを約10杯飲むこともできます。100均で37個も買い物できます。

映画館で映画も2本観れますし、温泉に5、6回程入れますね。

ダンベルと腹筋ローラーを買って自宅で筋トレもできちゃいますよ。素敵じゃないですか?

仕事終わりにジムで筋トレをする6つのメリット【体も心も健康に】

2019年1月4日

時間とお金の使い方には大きく分けて2つあります。「浪費」「投資」です。

目的のない飲み会は「浪費」ですよね。目的があると投資になる場合もありますが。

 

「投資」は株や投資信託などお金という資産を増やすイメージが大きいですが、

自分自身の成長に時間やお金をかけることも立派な「投資」です。

 

例えば、本を読むことは立派な投資です。

意外なようですが、温泉に入る、筋トレをすることも投資です。温泉に入ったり、筋トレをすることで、体や心が健康になりますよね。

つまり、健康に投資をしているわけです。健康への投資は自分のパフォーマンスが上がるので価値の高い投資だと考えています。

3 パフォーマンスの低下

僕はアルコールを体に入れると、翌日の体調が確実に良くないです。

 

頭も回らないし、体もだるい。十分な活動ができないので、結局時間をムダにしている気がします。

 

4 愚痴を言いたくない

飲み会で話すことが多いのが、職場などの人間関係の愚痴

僕は愚痴を言うのが好きでないです。「愚痴を言う暇があったら行動しろ」と自分自身に日頃言い聞かせています。

 

そもそも飲み会で愚痴を言うのは、それ以外に盛り上がるネタがない場合が多いです。悪口は盛り上がる会話のネタですからね。愚痴を言い合う飲み会で学ぶものはないので、参加しなくて大丈夫です。

 

飲み会=人脈づくりは間違い

飲み会に参加する理由として、「人脈がつくれる」という考えがありますが飲み会で人脈づくりは圧倒的にコスパが悪いです。

 

そもそも、人脈というのは「自分もしくは双方にメリットがある場合の人間関係」です。

むやみやたらに人間関係を広げるのは人脈とは言えません。

この定義を間違え、価値のない人間関係を作っても、自分にとっていいことは何にもありません。

 

そもそも「飲み会に参加すれば、自分にとっていいことがある」というアイデアが受け身の考えです。

 

本当に人脈を作りたいのなら、ターゲットとなる人物に直接会いに行けばいいのです。

例えば、会いたい人に直接連絡してスタバで話す。

これだけで学べることは飲み会より多いです。

また、飲み会で数分話すよりよっぽど濃い人間関係を作ることができます。

僕は、話してくれるお礼に飲み物代は出すようにさせてもらっていますが、それで感謝されることも多いです。

お互いWin-Winの関係を作れますよね。

 

あと、現代の最強のツールはSNSです。

TwitterやFacebookがあることで、場所や立場を越えて様々な人とつながることができるようになりました。

自分もまだまだですが、これから活用してたくさんの方とより良い関係づくりを進めていきたいと思っています。

まとめ

今回は飲み会についての話をしました。

もちろん、飲み会自体は好きなのでこれからも自分が行きたい飲み会は参加します。

しかし、行きたくない飲み会に参加して多くのものをムダにすることはしません。

 

ということで今回は以上です。参考にできる部分があれば、嬉しいです。